プラズマ洗浄装置は、プラスチックまたアルミニウムや金属、ガラスのコーティング条件を整えるために開発されたものです。大気圧プラズマを活用したドライプラズマクリーニングと呼ばれるものがあります。これを利用すればその素材の処理をスムーズかつ連続的に実施することができます。さらに全プロセスを清浄することができますし、コストの効率を大いに高めることもできるでしょう。

プラズマ洗浄装置におけるプラズマエネルギーの準位はとても高いです。つまり素材の表面部分の化学物質また有機物質の構造そのものを徹底的に壊すことができるということです。超微細なクリーニングであれば高感度の表面部分から要らない物質を完全に除去することができます。完全に取り除かれれば、その後のコーティングがスムーズにいくでしょう。

素材の先っぽの部分だけではなく、表面トポグラフィーもクリーニングできるものもあります。またアルミニウム片を環境に配慮する形で処理できるものもあります。その前処理によって汚染廃水量は数千トンも削減されるでしょう。油の膜をキレイにすることができるプラズマ洗浄装置もあります。

今日、環境汚染が大きな社会問題になっています。このことを意識して、環境に配慮する形での前処理が可能なプラズマ洗浄装置を活用してください。また工場から出る油膜をどうやって処理すればいいか分からないという人は、その処理能力が高いものを選んで使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です