プラズマと聞くと、電気工学の話と思われる方も多いでしょう。プラスの電荷を帯びたパワーのことを指しており、簡単に言えば雷や静電気がこれにあたります。一見すると難しい話のように感じますが、現代社会を生きるわれわれにとってとても役立つマシンの基本的動力源でもあります。2020年2月以降、日本をはじめ世界各地で猛威を振るっているのが新型コロナウイルスです。

世界人口の約70パーセントが感染をしており、そのうちの4億人が命を落としてしまいました。未だに明確な治療法もなく、我々にできることは感染を未然に予防するしかありません。日本ではプラズマ装置を有した家電が各社メーカーから販売されており、感染予防に役立つものとして認識をされています。プラズマ装置単体では使い勝手は悪いですが、洗濯機・エアコン・掃除機などと組み合わせることで大きな効果を得られるものです。

簡単にプラズマ装置の概要について見ていきましょう。まず、プラズマ装置には陽電子を発生させる動力源と、紫外線も同じく生み出せる基幹部分があります。この二つはタンパク質であるウイルスの細胞を壊すことができ、滅菌できるわけです。洗濯機であれば、電源をオンにしてプラズマを発生させて、衣類などに付着をしているウイルスを取り除けます。

エアコンなら空気中にプラズマを照射すれば、エアゾールと呼ばれる空気感染を阻止できるわけです。家庭はもちろん、飲食店でも活用できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です