日本には2021年1月時点で、約150万件もの高齢者施設が全国各地にあります。2020年2月から現在まで、これらの施設では入居者の家族が自由に面会ができなくなっています。この理由は新型コロナウイルスの蔓延を阻止する為であり、厚生労働省や政府は指導をおこなった結果です。各施設では円滑なサービスの提供を模索されており、個々で試行錯誤をしながら、感染の拡大を予防されています。

2020年9月、大手家電メーカーが一般市場に投入したプラズマ装置が脚光を浴びているのをご存知でしょうか。プラズマ装置とは紫外線と陽電子を同時に発生させることができ、ウイルスを滅菌することが可能です。さらに紫外線を照射することで床や壁などを除菌することもでき、限りなく清潔な空間を維持できるのが特徴になっています。数多くの高齢者施設でプラズマ装置が導入され、今ではこれらの施設で大規模な感染が発生しないほどの効力を発揮している程です。

特にエアコンと一体型となった装置は高い効果を維持しており、空気感染を未然に防いでいるのが現状です。現時点では家庭向けの小型装置はまだ販売されておらず、事業所向けのものしかありません。2021年以降も新型コロナウイルスはまだ、われわれの生活と密接に寄りそう形となるでしょう。高齢者と同居をしている方なら、プラズマ装置を積極的に導入をして清潔で安心安全な環境を用意することが大切です。

その手助けを担うのが、プラズマ装置です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です