まずは日帰り旅行で尾瀬を楽しもう - 日帰り旅行でも尾瀬の魅力を堪能することは十分に可能

まずは日帰り旅行で尾瀬を楽しもう

唱歌「夏の思い出」で歌われている尾瀬。

福島県、新潟県、群馬県にまたがる地域で、至仏山、燧ヶ岳、袴腰山、中原山に囲まれた盆地です。至仏山と燧ヶ岳は、日本百名山に数えられています。

尾瀬には、春、夏、秋にいろいろな花が咲いています。

春は、ミズバショウやリュウキンクア、夏はニッコウキスゲやチングルマ、秋にはサワギキョウやエゾリンドウなど、およそ200種類の花が確認されています。
このような尾瀬をゆっくり歩いてみませんか。
モデルコースがいくつか用意されており、日帰りコースから山小屋に泊まって歩くコースまであります。さらに日帰りコースの中でも往復3時間ぐらい歩くコースから7時間ぐらい歩くコースまで様々なバリエーションがあります。
山小屋に泊まって歩くコースも湿原の中をじっくり見て回るコースから、百名山の至仏山や燧ヶ岳に登るコースなど体力に応じて、いろいろなコースを選ぶことができます。


まずは日帰りで歩いてみましょう。
歩く距離が一番短いコースでは、約3時間です。
短いコースとはいえ、花の湿原として有名な大江湿原を歩きます。
このコースは、春はミズバショウが花を開き、夏はニッコウキスゲが湿原一面に咲き誇ります。

東京から大阪まで高速バスに関してわかりやすく説明しております。

もう少し歩けるという方には、約7時間歩くコースもあります。
こちらは、尾瀬ケ原の湿原の中に設けられた木道を中心に歩くコースです。



途中には、山小屋があり、また、休憩所、トイレ、ベンチが途中に設けられていて、休憩するところも豊富です。
さらにこのコースを歩き始めたけれども、途中で疲れてしまったというときには、引き返すこともできます。



ほかにも日帰りで歩けるコースがいくつかあります。

まずは、日帰りで尾瀬を楽しんでみませんか。