尾瀬に宿泊旅行に行くなら

群馬県利根郡片品村というと関東から日本海側をつなぐ言う場所がらかホテルなどは尾瀬登山口から多くの宿泊施設が点在されています。

尾瀬ハイキングについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

宿泊なら渋滞にまき来れることも少なくなりますが、連休ならむしろ部屋が取りずらくなくなりますので、宿泊の予約は早めにいれてみましょう。
宿から尾瀬の登山口まではやはり車になりますから駐車場には苦労してしまいます。

他には山小屋での宿泊という方法もあります。尾瀬には5カ所の山小屋と1カ所の休憩所が用意されています。朝の駐車場さえ確保できれば、帰りはゆっくり花などもスケッチしたり、写真が撮れたり日帰りの場合では見ることのできないことも感じることもできます。



毎年2月ごろから11月までの利用期間とちなりますが、ここでの水芭蕉の花は有名ですが次期は5月ですから秋の平日でしたら比較的に空いていますので、狙い目になります。

水芭蕉に限らずニッコウキスゲなど花は数多く見られて楽しませてくれます。


尾瀬沼は尾瀬ヶ原の東4キロ、燧ヶ東西2キロ、南北1.2キロといわれる広大な湿原湖とで出現しています。
水べや湿原の植物など貴重な植物が多くみられます。
いっぽう燧ヶ岳や至仏山には高山植物がお花畑として広がっているところもあります。


たしかに日帰りではまわりきれないほど見たいところが多く点在していますので、登山家とかカメラマンの他にマニアの人達も途切れることなく連泊している姿が見られます。

山でのマナーとか沼でのマナーなどをしっかり守って楽しみたいものです。